Webで仕事をするために最初にするべきこと

19

かずっちゃです。

 

ぼくは、いま岐阜の片田舎に住みながら個人事業主や店舗向けのWeb(SNS)マーケティングをコンサルしてる会社を経営してます。

他にも行政書士、プログラミング(フロントエンド)、情報発信でご飯を食べてるパラレルワーカー。

実は、つい数年前までは地元の役所で働いてた地方公務員でした。

完全に畑違いやん?? と思ったかもしれませんが、そのとおり過ぎて返す言葉もありません 笑

なのに、どうしてWebに主戦場を置いてるのか。
それは「文章」をしっかりと書いたからです。

Web上で仕事をするのと文章がどう関係してるのか?

文章を書くと、発信する力がつきます。

はじめはぼくも結びつきませんでした。

でも、実際にネット上で仕事ができるようになったのは、間違いなくそのおかげ。

「ブログ」を書くことでWeb上で仕事をする基礎ができました。

なので、ネットで仕事をしたいと考えてるなら、はじめにブログを書くのがおすすめです。

 

Webを使った仕事ではじめて稼いだものは「ブログ」

 

ブログを書いたのは、公務員辞めてすぐでした。

その前から、無料ブログの「ライブドアブログ」で書く練習はしてましたが、「稼ぐ」ことを目的に書き始めたのはその時から。

もちろん、最初はぜんぜん稼げませんでしたよ。

それでも、あれこれ改善を繰り返して3ヶ月目には初の収益が出ました。その時の喜びは今でも忘れられません。

「記事を読んでもらって収益を出す」

そこにたどりつくまでに学んだことは、全部Webで仕事をするために必要なことでした。

  • セールスライティング
  • Webマーケティング
  • SNS

それだけじゃないですが、ブログで学んだことは今の仕事の基礎になってます。

 

だからWebで仕事するなら、まずは文章を書こう

 

大事なものが詰まってたことを当時は気づきませんでしたが、今では間違いないと断言できる。

だから田舎で暮らしながらでもWebコンサルができてます。

YouTubeや音声配信で収益を出すという手もありますが、まずは文章で仕事ができることを目指そう。

だって、道は繋がってるから。

関連記事